民事の医療訴訟

民事の医療訴訟を起こすと裁判まで発展することもありますが、和解で解決するのは約5割と言われています。
更に4割が裁判まで発展することになります。
この裁判ですが、一般的な訴訟なら訴訟を起こした側が勝訴する確率は高いですが、医療訴訟の場合、患者側が勝訴する確率は非常に低いです。
およそ4割弱の確率なので、裁判で勝訴するには医療ミスがどこで発生したのか、被害はそのミスとどのような関係にあるのか。
これらのことをよく考えて準備していかないと、勝訴するのは難しくなります。


医療と言うのは最近はますます複雑化しているので、医師の側も高度な技術を要することになります。
医療事故を起こしてもそれが医師の過失にならないこともあるので、お互いにとって最も良い方法を探す必要があります。
それが示談になるのです。
最近の医療訴訟の現状としては非常に件数が増えてきています。
10年間で倍近い件数があがっています。
これは医療の複雑化によるものもあります。


また、裁判を起こした場合、裁判期間が短くなっています。
以前は医療裁判には5年もかかっていたこともあったのですが、今では2年もかからないで終わることもあります。
これは専門の医療集中部などの医療事件を扱う裁判官を配属しておくことで、可能になっています。
裁判が長引くとどうしても医師にとっても、被害者側にとっても、精神的な疲労や経済的な痛手が大きくなってきます。
双方の苦痛を少しでも和らげるための措置が取られているのです。


当サイトでは民事の医療訴訟の重要性と問題点、過失の判断基準等を紹介しています。
医療事故が起きた時に、これらのことを知っておくと便利なので、参考にしてください。


※注目情報
B型肝炎に関する医療訴訟手続きを行ってくれる専門のサイトです ⇒ B型肝炎 訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟、民事ではどうなる? All Rights Reserved.